鬼滅や進撃の巨人…稼ぎ頭は「漫画」 変わる出版社のビジネスモデル

 コロナ禍の巣ごもり需要にも後押しされて電子書籍市場が急拡大するなか、スマートフォンで手軽に読める漫画(コミック)の存在感が一段と高まっている。漫画の編集部を新設する出版社が出てくる一方、先行する社では漫画のアニメやゲーム化などによる権利ビジネスが経営の柱の一つに育ちつつある。電子書籍時代を迎えた出版界のビジネスモデルを変える存在となってきた。(文化部 海老沢類)

後発の強み

 「うちはコミックでは後発中の後発。一つでもコンテンツを増やし、他社にくっ付いていきたい」と語るのは、文芸春秋の吉永龍太・コミック編集局長だ。

 文芸春秋は令和元年にコミック編集部を新設し、昨年7月にはその上にコミック編集局も立ち上げた。同社の月刊漫画誌「コミックビンゴ」が平成11年に休刊して約20年。久しぶりに漫画編集の専門部署をつくりヒットを狙っている。

 昨年刊行された同社の漫画本は電子と紙を合わせて約30作品。小説やノンフィクションなどの原作が潤沢で、月間4億を超えるPV(ページビュー)を誇るサイト「文春オンライン」に掲載できるのも強みだ。

 ゲイとして生き、「運命の人」を求めて奔走する実体験をつづった七崎良輔さんのエッセーを漫画化した『僕が夫に出会うまで』は昨年から今年にかけて文春オンラインで連載され、累計4300万ものPVを獲得。4月22日の単行本発売前にもかかわらず海外から複数のオファーが入り、英語版の出版も決まった。吉永局長は「電子書籍全体の売り上げに占めるコミックの割合は非常に高く、作品を1話ごと売るなど多様な展開もできる。電子に力を入れる上でコミックは重要なコンテンツ」と話す。

電子出版の9割

 光文社も一昨年にコミック編集室を新設し、新作コミックの開発を始めている。大手が相次ぎ漫画に参入する背景には近年の出版市場の動向がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ