「麒麟がくる」が「本当に終わってしまう…」 公式HPとツイッター閉鎖に感謝と労い、惜別のコメント殺到

 NHKは、2月7日に放送を終えた大河ドラマ「麒麟がくる」の公式ホームページとツイッターを3月31日で閉鎖すると発表した。ドラマのファンからは、スタッフへの感謝や労いと並んで惜別のコメントが殺到。ツイッター上では、さながら送別会の様相を呈して盛り上がりを見せている。

 公式ホームページでは、画面上部に敷いた赤い帯に白抜きの文字で「『麒麟がくる』公式ホームページは、3月31日(水)に終了いたします。」と告知。公式ツイッターは、「『麒麟がくる』公式Twitterと公式ホームページは、本日をもちまして終了いたします。みなさま、本当に 本当に 本当に!ありがとうございました!!」という感謝の言葉で最後の投稿を締めくくった。

 この告知に、ツイッターのフォロワーからは続々とリプライが寄せられた。「視聴後にHPやTwitterをチェックする時間が幸せでした」「濃密濃厚、読み応えがあり本当に楽しく思い出に残る素晴らしい日々でした」など、ドラマと密接にリンクし、さまざまな関連情報を提供してドラマ視聴を盛り立てた担当スタッフに感謝するフォロワーが多い。「本当に寂しいです。これで、我が愛すべき『麒麟がくる』は本当に終わってしまうのだなぁ~って…」など、視聴者とドラマとの公式なつながりが完全に断たれてしまうことを寂しがる視聴者も少なくなかった。

 また、「暗い世の中、私にとって麒麟がくるは光でした」「疫病蔓延で鬱々とした日々を送るなか麒麟がくるだけが唯一の楽しみでした」など、コロナ禍で外出自粛を余儀なくされたストレスフルな生活の中で、同作が大きな励みとなったとのコメントも散見された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ