終わったはずなのに…「モルカー13話」トレンド入りでネット騒然「え?私は見たよ?」「お伽話」

 パペットアニメクリエイターの見里朝希さんが監督を務め、モルモットが車になったモルカーの世界を描くストップモーションアニメ「PUI PUI モルカー」(テレビ東京)。23日放送の第12話が最終回となり、放送を終えた同番組だが、30日、ツイッターで「モルカー13話」なるワードがトレンド入り。「今週も面白かった」「マジでよかった」などのコメントが相次ぎ、SNSがカオス状態になる一幕があった。

 毎週火曜の朝、子供向け番組「きんだーてれび」内で放送されていたモルカー。基本的には、毛フェルトでできたキュートなモルモットのキャラクターたちが車ならではのアクシデントやハプニングを繰り広げるという内容だが、人間の愚かさも映し出す風刺が効いた描写もあり、放送後、ツイッターで毎回トレンドに入るほどの人気を集めた。

 この日、SNSで話題になった「モルカー13話」とは、そんなファンたちの悪ノリで始まった“創作”。「モルカー13話の告白シーンマジで良かった」「モルカー13話も人間がおろかでした」「モルカー13話!!パトモルカーちゃんメインの回だったね!!」「先週パーティーしたのにまさか今週も桜パーリーするとは思わなかったw」などと妄想を書き込むファンが続出したことで話が現実味を帯び、このような事態に発展した。なかには、これが嘘だとわかって落胆する人までおり、「え?ないの?そ、そうなんだ…」「モルカー13話なんて存在しないんだよ。人間が妄想して創作したお伽話なんだよ」という書き込みも見られた。

 この現象を受け、ツイッターでは「集団幻覚」というワードもトレンド入りする事態になり、ツイッターには「ついに我々の理解できない域に達したようで草」「私以外にもモルカーロス仲間いて歓喜 ただ13話を皆創作してるのは吹いたw」などの声。それでも13話の存在を信じたい熱狂的なファンもおり、「家帰って録画してあるモルカー13話見るの楽しみだなー」「モルカー13話とってもよかった。これで今週も生きていられる。え?私は見たよ?13話」などのつぶやきも見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ