DA PUMP新曲、自身初のオリコン1位 ネット「継続は力なり」と感動!「意外」の声も続出

 男性7人組グループ、DA PUMPの新曲「Dream on the street」が29日付オリコン週間シングルランキングで自身初の1位を獲得した。4人体制だった2000年にリリースした「if…」や、再ブレークのきっかけとなった「U.S.A.」(18年)などの代表作を持つが、これまでは「Purple The Orion」(01年)などの3位が最高だった。ネットでは初の首位に「意外」という声があがっている。

 オリコン週間シングルランキングで1位を獲得した新曲「Dream on the street」は、彼らの原点であるストリートダンスを生かしたファンクダンスミュージック。先月24日に公開されたミュージックビデオの再生回数は95万回を超え、100万回の大台突破も視界にとらえている。

 また、1997年6月のデビュー曲「Feelin’ Good~It’s PARADISE~」で初ランクイン(20位)してから初1位までの期間は23年9カ月で、これも邦楽アーティスト歴代1位に。メンバーの入れ替わりもあったが、唯一の初期メンバーでボーカルのISSAは23日、ツイッターで「24年やらさせてもらっててまだ初めての事があるのは本当に嬉しい限りです」とつぶやき、感無量の様子だ。

 音楽シーンの歴史を塗り替える快挙となったが、ネットでは初の1位に対して「意外」との反応が少なくない。NHK紅白歌合戦や日本レコード大賞など、さまざまな音楽番組に出演してきた彼らとあって「私の青春、DA PUMP!むしろ今までとってなかったんかいっ!」「DA PUMPってまだ一位取ったことなかったのにビックリ」「意外だ…。4人時代のときに獲ってると思ってた…」「DA PUMP代表曲がいくつもあるのにシングル1位取るの初めてなの意外!!」と驚きの声が続出している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ