「コタローは1人暮らし」に山本舞香、西畑大吾、百田夏菜子、生瀬勝久 ネット民は「完全に俺得」「生瀬さんしかはまり役おらん」などと期待

 関ジャニ∞の横山裕(39)主演で4月24日にスタートするテレビ朝日系「コタローは1人暮らし」(土曜後11・30)に女優の山本舞香(23)、関西ジャニーズJr.の人気7人組「なにわ男子」の西畑大吾(24)、「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子(26)、生瀬勝久(60)が出演することが23日、公式サイトで発表された。ツイッタートレンドに複数の関連ワードが入るなど、SNSで大きな注目を集めている。

 原作は、津村マミ氏が漫画誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で連載中の同名コミックで、単行本7巻までの累計部数は100万部を突破。自堕落な日々を送る売れない漫画家・狩野進(横山)が、アパートの隣部屋に一人で引っ越してきた謎の5歳児・さとうコタロー(川原瑛都、7)との交流を通じて成長する姿を描くハートフル・コメディーだ。

 ヒロインの秋友美月を演じるのは、サバサバとしたキャラクターでバラエティー番組にも引っ張りだこの山本。美月は狩野やコタローと同じアパートで暮らす明るく元気なキャバクラ嬢だが、実はヒモの彼氏にお金をせびられているという深刻な悩みを抱えている、という役どころだ。

 コタローが通うことになる「幼稚園の清水」の新任教諭・花輪景介を演じるのは、関西仕込みの軽快なトークと笑いでバラエティー番組でも活躍する「なにわ男子」の西畑。ドラマデビュー作となったNHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」で演技力を高く評価され、その後もNHK「あさが来た」、フジテレビ系「教場」に出演するなど、実力派俳優としても注目を浴びている。

 ももクロの百田は、毎週コタローに生活費を届ける弁護士・小林綾乃役で登場。連続テレビ小説「べっぴんさん」では“目で訴える演技”で視聴者を魅了するなど役者としても一目置かれる存在となった百田が、1人暮らしのコタローを支える重要なポジションを担う。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ