毒のあるユーモアと癒やし「モルカー」超人気 ストップモーションアニメ復権

 羊毛フェルトのキャラクターが愛らしい、ストップモーション(コマ撮り)アニメ「PUI PUI モルカー」(テレビ東京系、火曜午前7時半~)の人気が爆発している。SNSを中心に熱い話題となるのは、少し毒のあるユーモアと「子供だまし」ではない映像の作り込みだ。23日放送の最終回を前に、専門家は「日本のストップモーションアニメが盛り上がるきっかけになるのでは」と期待を寄せる。(文化部 三宅令)

見逃し配信380万回、海外でも大人気

 「モルカー」は「モルモット+車」のおかしな日常を描いたアニメで、国内外で受賞歴があるパペットアニメクリエーターの見里朝希(みさと・ともき)監督(28)による作品。子供向けバラエティー番組「きんだーてれび」内で1月5日から全12回の予定で放送されている。

 「モルモット+車」という奇妙な取り合わせや、交通渋滞や銀行強盗といったトラブルを引き起こすのは全て人間で、モルカーたちは被害者という“毒のある”構図が初回放送直後から話題になった。

 モルモットが車になった世界では、トラブルがあってもかわいいから許せてしまう。日常生活から「ゾンビ」まで、さまざまなシチュエーションを楽しもう!というわけだ。1話完結で2分40秒という短さもあって、「人間は愚か」などの書き込みとともに瞬く間にSNSで拡散された。子供向け番組にもかかわらず、その親たちの世代、20~30代を中心に支持を集める。

 最新話の放送後には毎回ツイッターでトレンド入りし、公式アカウントのフォロワー数は初回放送時点で2千人未満だったのが、今は約40万8千人に。ユーチューブの見逃し配信の再生回数は380万回以上となり、アマゾンプライムビデオやネットフリックスでも配信が決定。また、せりふがないアニメだから国境も越えやすい。台湾では「天竺鼠車車」として地上波で週32回も放送されるなど、大人気になっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ