加藤浩次はどうなる? 事務所退社で「テレビから消える」は本当か

 本人もまさかの通告と感じたようだ。極楽とんぼの加藤浩次(51)と吉本興業のエージェント契約が3月末で終了する。加藤は2019年夏に同社所属タレントの闇営業問題が発覚すると、7月22日に自身がMCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)で「今の社長、会長体制が続くのなら俺は吉本興業を辞める」と大崎洋会長を批判。翌日に大崎会長と話し合いの場を持ち、「専属エージェント契約」を結んでいた。

 3月10日の『スッキリ』で、加藤は吉本興業からエージェント契約を延長しないと告げられたと明かし、「僕もびっくりしてる」と驚きを隠さなかった。大手事務所という後ろ盾を失う加藤は、今後どうなっていくのか。偶然か否か、3月限りでMCを務める『この差って何ですか?』、『スーパーサッカー』(ともにTBS系)が終了する。テレビ局関係者が話す。

 「2番組とも視聴率が特別良かったわけではないし、退社とは無関係でしょう。ただ、気になることもあります。『この差って何ですか?』はゴールデンタイムで6年も続いた。普通なら、加藤に後継番組を引き続き任せてもおかしくはない。『スーパーサッカー』は20年もMCを務めた。ここ数年は深夜1時台だったとはいえ、何か代替案を用意するもの。たとえば、テレビ朝日で18年半続いた『やべっちF.C.』は昨年9月で終わりましたが、DAZNで『やべっちスタジアム』として配信されている。加藤の2番組はどちらも、そんな話は聞きません。吉本興業所属のままだったら、違っていたかもしれません」(以下同)

 近年の大手事務所退社といえば、SMAPの稲垣吾郎(47)、草なぎ剛(46)、香取慎吾(44)が思い出される。2017年9月にジャニーズ事務所から独立すると、香取の『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)は同月限り、草なぎの『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)、香取の『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)は半年後の2018年3月、稲垣の『ゴロウ・デラックス』(TBS系)は1年半後の2019年3月に終了し、彼らの地上波レギュラー番組はなくなった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ