アニメーターの大塚康生さん死去 「ルパン三世」第1シリーズなどの作画監督 アニメファンに衝撃走る

 15日夜、ツイッターやヤフー検索のトレンド上位に日本を代表するアニメーター、大塚康生さんの名前がランクイン。同日、大塚さんの訃報が報じられたことに伴って、ネットでは代表作を振り返るコメントなどが殺到し、大きな話題となった。

 大塚さんは、日本のアニメ草創期から第一線で活躍し、「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」の宮崎駿さんや「火垂るの墓」「かぐや姫の物語」の故・高畑勲さんを見出したことでも知られる日本を代表するアニメーターであり、キャラクターデザイナー。同日開かれた東京アニメアワードフェスティバル2021の授賞式で、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーの口から、同日朝に死去した事が明かされたと複数のメディアが報じた。89歳だった。

 厚生省の麻薬Gメンなどさまざまな職業を経て、1956年、東映動画に入社しアニメ界入り。以降、製作会社を移籍しながら、当時は若手だった演出の高畑さんや宮崎さんと組んで「太陽の王子 ホルスの大冒険」「パンダコパンダ」「ルパン三世」「未来少年コナン」などで作画監督やキャラクターデザインを担当したほか、「侍ジャイアンツ」「ガンバの冒険」「じゃりン子チエ」なども手がけた。特にテレビの第1シリーズや劇場版の「カリオストロの城」で携わった「ルパン三世」への人気と評価が高く、今に続く同シリーズの礎を作った。

 ツイッターには、大塚さんのかかわったアニメに親しんだ多くのファンから、哀悼の言葉が殺到。「パンダコパンダもガンバもルパンも、大塚さんが描いた作品みんなみんな大好きでした」「侍ジャイアンツの絵が好きだった」「昨年の未来少年コナンの再放送すごく楽しかったです」など好みの作品名を挙げ、その思い出とともに振り返っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ