西野七瀬、主演ドラマでママ役 「子供産むなんて…」と衝撃走る 「乃木坂3大エース」の相手務めた千葉雄大は「最強か」

 女性アイドル・乃木坂46の元メンバーで女優の西野七瀬が、アマゾンプライムビデオで19日から独占配信されるドラマ「ホットママ」に主演することが、8日わかった。ネットでは、西野のファンが喜びに沸き立っている。

 同日、作品の公式ツイッターなどで発表され、公式YouTubeチャンネルでは90秒の予告動画も公開された。同作は、社会現象を巻き起こした中国の大ヒットドラマ「辣媽正伝」の日本版リメーク。全12話を、アマゾンプライムビデオで19日から独占配信する。4月9日まで毎週金曜日に3話ずつ公開される。

 西野が演じるのは、アパレル会社で働き、世界に通用するファッションディレクターを夢見る、松浦夏希。ある日突然、ファッション業界内でも大きな影響力を持つ木島塔子(板谷由夏)が率いる、新設のベビー部門への異動を言い渡される。同時期に、大学時代の同級生・三村元哉(千葉雄大)と再会。意気投合して一夜を共にしてしまい、その数カ月後に妊娠が発覚。出産、育児に追われ、描いていた人生設計が崩れた夏希の奮闘を描く。

 西野は現在公演中の劇団☆新感線の舞台「月影花之丞大逆転」に出演しているほか、8月公開予定の2つの映画「孤狼の血 LEVEL2」「鳩の撃退法」への出演も明らかになっており、女優としての飛躍に期待が集まっている。今回は主演ということもありツイッター上の声を見回してみても、「なあちゃん主演おめでとう!!」「主演はすごい」「凄い面白そうだ!楽しみが増えたーーー!」など、ファンの喜びはひとしおの様子。

 ただ、仕事で夢を追いかけながら妊娠・出産・育児に忙殺される若い母親という役柄には、「ママ役にびっくり。年齢的に演じても不思議ではないけど」「子供産む演技やるなんて…」「育児してる姿に泣きそうだわ」「ラブシーンあるのかな?覚悟して観ます」など、リアルでハードな場面が連続することを懸念する反響も見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ