「進撃の巨人」超大型コミックスに騒然 SNS「15万?」「100冊限定とか言われたら欲しい」「製本過程が気になる」

 講談社は、漫画誌「別冊少年マガジン」で連載中の諫山創さんによる人気漫画「進撃の巨人」の超大型版コミックス「巨人用 進撃の巨人」を100冊限定で発売すると発表した。通常の新書サイズコミックスの6~7倍の大きさで、表紙寸法は縦1010ミリメートル×横715ミリメートル、重量は約13.7キロとなる大型コミックスはネット民の度肝を抜いた。

 同作は壁に囲まれた世界で暮らす少年エレン・イェーガーが自由な世界に憧れ、壁外の巨人たちとの戦いに挑むダークファンタジー。4月9日発売の同誌5月号で完結を迎えるが、同商品の発売はクライマックスを盛り上げる一環として企画された。作中では、主人公のエレンも巨人になるが、巨人化したエレンが読むことを想定したサイズになっている。

 公開された商品写真を見てもそのサイズに驚かされるが、100冊が完売した場合には新ギネス世界記録として認定される見込み。現時点では、ブラジル・サンパウロで発売されたコミックスが「出版された最大の漫画本」としてギネス世界記録に認定されている。

 同商品では、単行本第1巻を再現し、第1話と第2話を収録。全96ページで保存ケースが付いてくる。価格は15万円(税別)で、6日正午から講談社のオンラインストアで販売する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ