吉川愛が声優に初挑戦 新作アニメ「ラーヤと龍の王国」主人公ラーヤ

 吉川愛(21)が、米ディズニーの新作アニメ「ラーヤと龍の王国」の日本語吹き替え版で、主人公、ラーヤの声を演じた。声優は、これが初挑戦。「お互いを信じることの大切さを教えてくれる作品」と語る吉川に話を聞いた。(石井健)

 ラーヤは、「龍の石」を守る一族の少女だ。魔物の脅威にさらされた世界を救うため、持ち去られた石の破片を探している。旅の途中、ラーヤは魔力を持つとされる伝説の龍と出会う。

 この力強いヒロインを生み出したのは、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオで「ベイマックス」などを手がけた監督、ドン・ホールら。剣を差し、砂ぼこりを上げて荒野を進むラーヤの姿は、スタジオジブリ作品や「スター・ウォーズ」シリーズを思い出させる。

 テレビ作品まで含め、「ほぼ全部見ている」と豪語するディズニーファンの吉川。声優のオーディションを受けただけで満足した。合格と聞いても信じられなかった。ラーヤを表現するため「声を低くすること」を意識したという。「ラーヤは信用した相手に裏切られ、他人を信じられなくなった。低い声のほうが、芯の強さを出せる」

 旅の途中、ラーヤの仲間は増えていく。少年の船長、赤ん坊の盗賊…と強烈な個性の持ち主ばかりなのが、ディズニーならではの楽しさだ。世界とこの仲間を救うため、ラーヤが最後に下す決断は胸を打つ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ