「情熱大陸」にクリープハイプ・尾崎世界観 予告にファン興奮「ついに来た!」「芥川賞ノミネートが影響してるのかな」

 7日放送のMBS・TBS系ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(日曜後11・0)ではロックバンド、クリープハイプの尾崎世界観に密着。2月28日放送回終了後、次回予告として尾崎の出演が告知されると、ファンを中心に盛り上がりを見せた。

 2001年に結成、12年にメジャーデビューしたバンド、クリープハイプのボーカル、ギターとして活躍しながら、16年には「祐介」で小説家デビュー。そして、20年に発表した4年半ぶりの小説「母影」(おもかげ)が第164回芥川賞の候補作となり、大きな話題となった。惜しくも受賞を逃したが、尾崎はツイッターで「結果は残念だったけれど、またここから頑張ります。(中略)やっぱり小説が好きだ」と執筆活動に意欲を示していた。

 番組公式サイトでは「芥川賞の候補となり多忙を極める日々から、思い出のライブハウスでメンバーと共に迎えた発表の瞬間、新たな曲作りにも密着」と内容を紹介。憧れの作家、柳美里氏と初対面も果たす。

 尾崎も自身のツイッターで「情熱大陸!」とつぶやき、出演を告知。番組公式ツイッターでも予告動画とあわせて「芥川賞候補のミュージシャン その“世界観”を知りたい-」とツイートした。

 これらの投稿は拡散され、それぞれのリプ欄には「ついに来た!」「録画予約しました。たのしみです!」「尾崎さん、やったー!いつかきっとと思ってました!」「わーい 絶対見ます!」などの書き込みが殺到。また「やっぱり、芥川賞ノミネートが影響してるのかな」「今回の密着はバンドというより音楽家の執筆活動に重き置いてるのかなぁ?」とスポットが当たった理由や内容を推察するコメントも見られた。

 尾崎以外のメンバーとグループの公式アカウントも「情熱大陸!」とつぶやいており、これらのツイートも注目され「メンバー全員が情熱大陸!ってツイートしてるクリープハイプ好き。公式もツイートしてて好き」「クリープハイプメンバーがみんな同じツイートしてて可愛い笑 情熱大陸来週見なきゃね」などとファンのハートを掴んでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ