草なぎ剛の主演男優賞にファン歓喜「素晴らしい演技力」「文句なしの受賞」「嬉しすぎて胸がいっぱい」

 東京映画記者会(サンケイスポーツなど在京スポーツ紙7社の映画記者で構成)が主催する「第63回ブルーリボン賞」で、俳優の草なぎ剛(46)が主演男優賞に選出されたことを受け、ファンが「素晴らしい演技力」「文句なしの受賞」「嬉しすぎる。胸がいっぱい」などと歓喜。朝から関連ワードがツイッタートレンドを賑わせている。

 草なぎは現在公開中の「ミッドナイトスワン」(内田英治監督)でトランスジェンダーの難役を演じ切り、栄えある主演男優賞を受賞。劇中では愛情を知らない少女(服部樹咲、14)と疑似母子を表現し、「何かを育てたいという母性の考え方が深まった」と明かした。

 24日付のサンケイスポーツなどによると、個人としては主要映画賞の栄冠に輝くのは今回が初めてで、現在の心境を「やりましたね! サンキューベリーマッチョです」と得意のダジャレを交えて表現。「新しい地図」の稲垣吾郎(47)、香取慎吾(44)も祝福し、「慎吾ちゃんは(草なぎの演技を受けて)冗談で、芝居やめるよとツイートしてくれた。吾郎さんは一皮むけたねと言ってくれた」と喜んだ。

 2012年公開の「あなたへ」で共演した主演の高倉健さん(享年83)、17年のフジテレビ系「嘘の戦争」などで共演した大杉漣さん(享年66)には「俳優として助けていただいた先輩で、今回の受賞を報告したい」と恩人の名前を挙げて感謝した。

 主演男優賞の栄誉にファンの喜びもひとしお。SNSやネットニュースのコメント欄には、「つよぽんおめでとうございます。いろんな映画賞のニュースを聞くたび、つよぽんの主演男優賞受賞はまだかまだかと気になってました。ミッドナイトスワンは本当に衝撃的であり感動する映画です。俳優草なぎ剛をこれからも楽しみにしてます」「取るべくして取った賞だと思います。今までも、演じるというより役を生きているというような素晴らしい演技だったけど、これから更に役者として大きく羽ばたかれる事を期待しています」などと、祝福のコメントがずらりと並んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ