「たかじんの胸いっぱい」から27年…「胸いっぱいサミット!」3月で終了

 カンテレのトークバラエティー「胸いっぱいサミット!」(土曜正午)が、3月末で終了することが、23日、分かった。27年の歴史に幕を閉じる。

 同番組は1994年1月15日に「浪速の視聴率男」と呼ばれた故・やしきたかじんさん(享年64)の冠番組「たかじん胸いっぱい」としてスタート。たかじんさんの冠番組では最も長く放送された番組で、話題のニュースや芸能・スポーツ情報など、ありとあらゆる話題をテーマに差し棒を片手に威勢よく斬り込むたかじんさんと、辛口パネラーと呼ばれるゲストたちのトークが人気を博し、平均視聴率は常に10%を超える人気を誇っていた。

 たかじんさんが食道がんのため、2014年1月3日に亡くなった後は15年4月より番組名を現在の形に変更し、現在までにSPを含め1359回放送。平均視聴率は10・1%(両番組を含む)歴代最高視聴率は94年2月12日に放送された20・5%(世帯視聴率)。

 現在は、ハイヒールのリンゴ(59)とますだおかだの増田英彦(51)が週替わりでMCを担当。歯に衣着せぬ物言いが自慢のタレントたちがパネラーとして出演し、番組を盛り上げた。

 カンテレのコンテンツデザイン局総合編成部・乾正志部長は「前身であります『たかじん胸いっぱい』と合わせ、27年もの長きにわたりご覧いただき、ありがとうございました。最終回まであと5回、最後まで熱いトークをお届けしたいと思いますので、ぜひお楽しみください」とコメント。

 後番組は未定。最終回は、3月27日に放送される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ