Berryz工房・徳永千奈美が引退へ 春から「英語を使う職場に就職」

 無期限活動停止中のアイドルグループ、Berryz工房のメンバー、徳永千奈美(28)が2月末をもって所属事務所のアップフロントプロモーションとの専属マネジメント契約を終了することが22日、分かった。事務所が公式サイトで「この春から英語を使う職場に就職が決まったため、弊社との専属マネージメント契約を終了することとなりました」と発表した。

 サイトでは「徳永は2002年にハロー!プロジェクト・キッズに選ばれ、2004年からBerryz工房で活動、2015年の活動休止後は英語の勉強のため留学していました」と説明。「これまで徳永千奈美を応援していただき、本当にありがとうございます。彼女の新しいスタートを見守っていこうと思います」と感謝を記した。

 徳永も同日、自身のブログで事務所との契約終了を伝え「2020年の6月末に留学していたニュージーランドから帰国した私ですが、この春から新しく英語を使ったお仕事が決まりました!」と報告。留学期間や帰国後の就職活動などの経緯を明かした上で「あんなヘンテコだった私が留学し、さらに英語のお仕事に就くことが決まったのです!!! 声を大きくして言わせてください! I can do it!!! という感じでこの春から社会人としてまた新たな生活のスタートです! 街中でもし私を見かけたら、もちろん声をかけてくださいね! 英語でお返事します!笑 今まで徳永千奈美を応援してくれたみなさん本当にありがとうございました!」とファンに感謝を記し、最後は「新生活でも私らしく楽しんで頑張ります!」と決意を新たにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ