小松みゆき、7年の不妊治療実った 49歳8カ月で第1子女児出産

 女優、小松みゆきが49歳と8カ月で18日に第1子となる女児を出産したことが19日、分かった。

 所属事務所によると、母子ともに健康。2009年に結婚した8歳下の夫はコロナ禍のため東京都内の病院での出産に立ち会えなかったが、二人三脚で不妊治療に取り組んできただけに、大喜びしている。

 小松はこの日、ブログで娘の右手をアップし、「昨晩、無事に出産することが出来ました。頬がふっくらとした女の子です」と紹介。昨夜、自宅で破水し、予定していた無痛分娩から帝王切開に切り替えたという。また、初めての授乳を終え、「奮い立たせてくれる不思議な存在」と母になった喜びをつづった。

 小松は昨年9月、42歳から続けてきた不妊治療の末に妊娠したことを公表し、インスタに臨月ショットなどを掲載して経過を報告していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ