萩原みのり・宮近海斗らで人気漫画「RISKY」ドラマ化 「ちゃかちゃん」がトレンド入りで期待集まる

 MBSの「ドラマ特区」枠では3月25日から人気漫画を実写ドラマ化した「RISKY」を放送する。19日、ドラマ化や主演を女優の萩原みのり、ジャニーズJr.内グループ・Travis Japanの宮近海斗らが出演することが発表されると、ネットには期待の声が押し寄せた。

 原作は電子書籍配信サイト「めちゃコミック」で配信中の漫画「RISKY~復讐は罪の味~」。幼い頃に両親を失い、姉に育てられた主人公が、姉の人生を狂わせた女に復讐を仕掛けていくラブ・サスペンスとなっている。主人公の広瀬ひなたを萩原、素性が謎に包まれた好青年・浅井光汰を宮近が演じる。このほか、山下リオ、深川麻衣、古川雄輝が出演がする。

 ドラマに関する情報が発表された19日、ツイッターでは宮近の愛称である「ちゃかちゃん」や「RISKY」といったワードがトレンドに浮上。宮近のファンを中心に「ちゃかちゃん連ドラ出演おめでとう」「えっ!!RISKY実写化するの!?そしてちゃかでるの!?絶対見る」「ちゃかちゃんドラマまた決まってる!」「ちゃかちゃんの快進撃すごくない…?」などと盛り上がりを見せた。

 原作を知るファンからも「RISKY実写化すんの?えー、えー、えー」「ちゃかちゃんドラマ RISKYの実写もシンプルに楽しみ」「RISKY読んだ民としてはとてもとても嬉しいし、すっごいおもしろくて怖いお話だからたくさんの人に見て欲しいな~」などと期待の声が上がっている。なかにはラブ・サスペンスという作風だけに「これなかなかにドロドロよ?w」「どこまで原作ベースでいくのかわかんないけど、あれなかなかエグいよ」「原作に忠実だと結構やばい気が…どこまでやるんだ?笑」と地上波のドラマでどこまで描き切れるかを心配する書き込みも見られた。

 ドラマ化をきっかけに、早くも原作を読んだという人も少なくなく「RISKY全巻サクッと一気によんで、宮近海斗がめっちゃいい役もらってることがわかった瞬間のドラマ期待値爆上がり」「RISKYをとりあえず読んできた たーのーしーみー」といった投稿も。キャストについても「萩原みのりさん連続ドラマ主演!今年はさらなる躍進の年だな」「深川さんがどんどん活躍してて嬉しい」「RISKYの原作を読み始めたんだけど、1話目読んだだけで美香役は山下リオさんしかいないって思った…!」「古川雄輝はハマり役そうだなと思いました」などとファンの胸を熱くさせた。

 同作はMBSで3月25日深夜0時59分にスタートするほか、テレビ神奈川、チバテレ、テレ玉、群馬テレビ、とちテレでも順次放送。さらにTSUTAYAプレミアム/TSUTAYA TVでは放送1週間前に先行で独占配信する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ