アニメ映画「100日間生きたワニ」豪華声優集結!ワニ役は神木隆之介、ネズミ役は中村倫也

 昨年、社会現象を巻き起こしたツイッターの4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」がアニメ映画「100日間生きたワニ」として5月28日に公開されることが16日、分かった。原作は100日後に死ぬまでのワニの日常を描いたが、映画版は死後を描いたオリジナルストーリーを追加。主人公のワニ役は俳優、神木隆之介(27)、ネズミ役は俳優、中村倫也(34)が声優を務め、豪華布陣で届ける。

 物語が完結した昨年3月に映画化を発表してから1年-。超話題作が、17日から100日後の5月28日に公開される!

 アニメ映画「100日間生きたワニ」は、2019年12月から昨年3月まで漫画家でイラストレーター、きくちゆうき氏がツイッター上で連載していた「100日後に死ぬワニ」が原作。100日後に死ぬ運命のワニの何気ない日常が描かれ、最終話は「いいね」の数が214万と国内ツイッター歴代最多を記録するなど大ブームとなった。

 劇場版は、映画「カメラを止めるな!」で知られる上田慎一郎監督(36)、アニメーション監督のふくだみゆきさん(33)夫妻が監督と脚本を担当。映画化が決まった矢先にコロナ禍となり、上田氏は前向きなタイトルに改めたという。原作同様、ワニの100日間の物語に加え、100日後にワニを亡くした仲間たちのオリジナルストーリーも描かれる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ