ザブングル解散&松尾は芸能界引退…ネット衝撃「悔しいな」「運動神経悪い芸人のエース格が」「アメトーーク!だけでも出て」

 お笑いコンビ、ザブングルが3月31日をもって解散することが1日、所属事務所のワタナベエンターテインメントの公式サイトで発表された。加藤歩(46)は単独で芸能活動を続けるが、松尾陽介(44)は3月31日をもって同社との専属契約を終了し、芸能界を引退する。ザブングルの解散は各メディアでも報じられ、ツイッターでは「ザブングル」「松尾さん」「コンビ解散」など関連するワードがトレンド入り。ネットに衝撃が走った。

 同社は「芸能活動に区切りをつけ、新しいことにチャレンジしてみたいという松尾の思いを尊重し話し合った結果、このような結論に至りました。21年間ザブングルを応援して下さったファンの皆様、関係者の皆様、あたたかい声援を誠にありがとうございました」と報告。加藤については「2021年4月1日以降も単独で芸能活動を継続いたしますので、引き続き変わらぬ応援を何卒よろしくお願い申し上げます」と呼びかけた。

 ザブングルはボケ担当の加藤による「悔しいです!」「カッチカチやぞ」のフレーズで知られる人気コンビ。二人の解散にネット民は「は?ザブングル解散するん?悔しいな」「ザブングル解散&松尾さん引退って本当!?悔しいです…」「え、ザブングル…うそやん…」「ザブングル解散は悲しいなぁ」などと悲鳴を上げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ