「あさイチ」テルヲ役・トータス松本生出演で博多大吉「全力でテルヲと松本さんは別人だと」と必死のフォロー

 京都で女優を目指し、鶴亀撮影所に入った千代。3年後、何とか小さい役をもらえるようになると、お金のニオイをかぎつけたテルヲが再び千代の前に出現。「今度こそまじめに働く」などと言い寄ってきたが、やはり、テルヲにはまたもや多額の借金があった。ドラマの第39話(28日放送)で、千代は、自分の貯金通帳と印鑑を手にし、どこかに行こうとしているテルヲと鉢合わせ。テルヲは「ちょこっと借りるだけや」とまったく悪びれる様子もなく、さらに「だいたいな、お前が女優としてもっとパッとしとったら、こないなはした金でガタガタいうことあらへん。期待して損したわ!」などと言い放つ始末だった。親としてありえない振る舞いに、あきれ果てて、もう笑うことしかできない千代は、持っていた財布を投げつけ、「ウチらつなげてるのは血やなくて金や。これでウチはすっからかんや。もう来ても無駄やで。金の切れ目が縁の切れ目や」と絶縁を叩きつけた。テルヲは通帳と印鑑だけでなく、落ちた小銭までも拾い集め、「おおきに」と一言。千代の顔を見ず、そそくさとその場をあとにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ