NHK大河「青天を衝け」西郷隆盛役で出演の博多華丸、役作りも完璧?ネット「着物で犬の散歩をする華丸さんに道端で会いたいw」

 2月14日放送開始のNHK大河ドラマ「青天を衝け」(日曜後8時~)で、西郷隆盛役を演じることが同局から発表されたお笑いコンビ、博多華丸・大吉の博多華丸(50)が27日、自身がMCを務める情報番組「あさイチ」(NHK総合)に生出演。同作出演に向けた役作りについてコメントし、ネットが盛り上がる一幕があった。

 新一万円札の顔となる実業家、渋沢栄一の人生を描く「青天を衝け」。俳優、吉沢亮が主演を務める。華丸演じる西郷は、一橋徳川家の家臣となった栄一が出会う幕末のヒーローたちを代表する1人。一橋家の命で大坂にある薩摩藩士、折田要蔵の塾に偵察に来た栄一と出会い、鹿児島名物の豚鍋をつつきながら意気投合する設定だ。

 華丸は2016年に放送された「真田丸」の最終回で、真田十勇士の才蔵役を演じて大河デビューを果たした。今回、九州の偉人を演じることを受け、「九州人として畏れ多い大役ですが天国の婆ちゃんに喜んでもらえるよう頑張ります」と感激のコメントを発表した。

 27日、「あさイチ」の冒頭で、相方の博多大吉から「朝ドラおじさんから大河おじさんへ…」と振られ、恐縮した素振りを見せた華丸。その後、発表されたときの状況について振り返り、「M-1優勝みたいな境遇でしたよ、昨日は」と明かし、周囲から「おめでとう」という祝福の声が相次いだと述べ、スタジオを爆笑させた。

 そのうえで「身に余る光栄ですね」と切り出し、「今後は犬の散歩は着物を着てやろうかなと思っています」と意気込むと、これに近江友里恵アナウンサーが大爆笑。大吉も「早くも役作りに入っております」とツッコんだ。

 このやり取りにネットも即反応。ツイッターには「西郷どんでいじられる華丸さん」「朝ドラおじさんから大河おじさんwww大河楽しみ」「華丸さんが西郷さん、博多弁じゃなくて鹿児島弁喋るの?」「着物を着て犬の散歩をする華丸さんに道端で会いたいw」などのコメントが寄せられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ