「元祖」を初体験、個性派も続々 BS朝日「パンが好きすぎる!『塩パンを味わう』」(23日午前10時半)

 【大人のTVプレビュー】

 タイトル通り、パンが好きすぎる2人が数々のパンを味わい尽くすという“パンテイスティング”番組。出演は、ライターとして年間300軒以上のパン屋をめぐるという、パンの研究所「パンラボ」主宰の池田浩明さん。そして全国ツアーでは地方にしかないパンを食べ歩く「ローカルパンハンター」を名乗る、ゴスペラーズの酒井雄二。

 今回のテーマは、ここ数年でじわじわと人気を集め、今やパン店の定番商品「塩パン」。2人が塩パンへの思いを語りつつ、おすすめの塩パンを紹介。テイスティングでは、バターの香りをさらに堪能すべく、オーブントースターで軽く焼いてから実食。番組が終わったら、すぐにパン屋に走りたくなる番組だ。

 紹介されるのは、愛媛にある塩パン発祥の店の元祖塩パン。実際に本店の塩パンを味わうのは初めてだった2人はその味わいに大満足。

 さらに北海道産の小麦にフランス産の塩など、厳選した素材を使った塩パンや、池田さんが“溶けるテニスボール”と名付けたテニスボールのような個性派塩パン。

 酒井のおすすめは、あんとバターをサンドしたおやつ感覚の塩パン。そして高級食材の白トリュフを使ったなんともぜいたくな塩パン…などバラエティー豊かな塩パンが次々と登場する。

 本当に最近は、塩パンの置いていないパン屋はないほどだ。スーパーのパンコーナーにまで並んでいる。そして、それぞれにそれぞれの味わいがあるのが面白い。

 もうすぐ6歳になる筆者の娘のお気に入りは「ヴィ・ド・フランス」の塩パンソフト。塩パンの先っぽを切り、中にソフトクリームを詰めた一品。まだ温かいパンなどなおさらおいしい。

 こぼれそうになるソフトクリームを器用に食べる娘。結構なボリュームだと思うが、ペロリと食べてしまう。塩パンの魅力は何とも恐ろしい。 (F)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ