新型コロナで入院中の渋谷天外、ICUから一般病棟へ

 新型コロナウイルスに感染して入院している松竹新喜劇代表の渋谷天外(66)が21日に集中治療室(ICU)から一般病棟に移ったことが22日、分かった。

 この日、東京都内で行われた出演舞台「未来記の番人」(3月12~21日の東京・新橋演舞場など)の製作発表が行われ、松竹の安孫子正副社長が天外の病状を明らかにした。安孫子副社長は「昨日、本人からプロデューサーにメールがあり、ICUから一般病棟に入って元気という連絡があった」と説明。「早く元気になってもらい、出演がかなえばと思っている」と回復を願った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ