笑福亭仁智「新しい落語の見方、幅が広がるようになれば」 ハルまちフェスPR

 上方落語協会の笑福亭仁智会長(68)、桂米團治副会長(62)、落語家の笑福亭たま(46)が22日、オンラインで行われた「ハルまちフェスティバル」(2月6日~3月末)の製作発表記者会見に出席した。

 同フェスティバルは、コロナ禍で活動の場を失った表現者らを応援することを目的に総勢400人の大阪人が集結。ライブ配信などを通して全国に笑いを届けるもので、本格『生』落語会、若手落語家による電脳落語会、人形浄瑠璃文楽オンラインツアー、水上吹奏楽コンサート、地下鉄1号線のミュージカルなどのプログラムが用意されている。

 仁智会長は「コロナ禍でやる側と見る側の距離があったかもしれない。それを再び近くして、お互い良いものを見せたいと思った」とし、「落語にも配信というジャンルができても良いのではないか。新しい落語の見方、幅が広がるようになれば」とアピール。

 米團治副会長は「ナチュラルキラー細胞をたくさん持っている人はウイルスをはじき返す。笑えば笑うほど免疫力が高まる。あと、よく寝ること。それには落語会がピッタリ。笑えない演者が出たときは寝たらエエんです」と落語のススメを説いていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ