野呂佳代の夫は「ダウンタウンなう」のスタッフだった

 元AKB48・SDN48のタレント、野呂佳代(37)が22日放送の「ダウンタウンなう」(金曜後9・55、フジテレビ系)に出演。昨年11月に結婚した夫のテレビディレクターが、実は番組スタッフであることが発覚する。

 まず、MCのダウンタウン(浜田雅功、松本人志)、“お店案内人”の坂上忍、“飲み仲間”の山崎夕貴アナウンサーから「ご結婚おめでとうございます」と祝福され乾杯する。

 やがて、坂上が「旦那さんは僕も知っている方で…」と切り出し、野呂の夫がなんとスタッフであることが判明。突然の告白に山崎アナは「うそでしょ? 本当に!?」と思わず立ち上がり、松本も「知らなかった。えぇーっ」と驚く。

 2人のなれそめは坂上が司会を務める番組だったといい、野呂は「彼がスタッフとして働いているところを見てすてきだなと思って」と夫への第一印象を明かし、「交際するきっかけにはダウンタウンさんが大きく関わっている」と語り始める。

 婚姻届の証人欄には坂上がサインをしたという。そこでお願いに行った際の夫の行動に「すごくムカついた」と野呂。笑いを誘うエピソードを披露したかと思うと、なぜか突然泣き出す一幕もあり、周囲は困惑する事態に陥る。

 人気企画「本音でハシゴ酒」のもう一人のゲストは、連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(火曜後9・0、カンテレ・フジ系)に出演中の真木よう子。マネジャーでもある実弟からタレコミが寄せられ、真木の恐るべき“アネゴ伝説”が明らかになる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ