野村萬斎「コロナ禍の閉塞感、狂言で心の解放を」

 狂言師の野村萬斎(54)が21日、大阪市北区のフェスティバルホールで4月25日に開催する「祝祭大狂言会2021」の記者懇談会を同所で行った。

 「1000人単位の狂言会は東京ではやらない。普通の能楽堂の5倍以上。人間が小さく見えるから、人間を俯瞰した目線を獲得して客観的に見られる特性がある」というキャパ2700席のフェスでは、13年から2年に1回上演。

 今回は新作「鮎」のほか、父で人間国宝の野村万作(89)と「月見座頭」、長男の野村裕基(21)は「二人袴」を演じる。

 「狂言三代ということで、めでたいし、ありがたい。ほとんど解脱したかのような存在感の父と私のような中間管理職、そして若い世代。三世代の華が見られる。われながら“うまいな”と思うメニューです」

 コロナ禍での上演。万作は「皆さんがマスクをしていて反応が届いてこないのが辛い。笑わなくなった狂言が、これからどうなっていくのか」と不安をのぞかせる。

 萬斎も「湿っぽく鬱屈した感じはある」としながらも、「皆さんに心の解放をしていただく。狂言は飾り気がない分、声と体で表現して“生きるってすばらしいことなんだ”とエールを送れる。来ていただく勇気と覚悟にお返しをしたい」と熱演を誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ