爆笑問題・田中が緊急入院 前大脳動脈解離によるくも膜下出血、脳梗塞…手術の必要はなし

 お笑いコンビ、爆笑問題の田中裕二(56)が前大脳動脈解離によるくも膜下出血、脳梗塞で東京都内の病院に緊急入院したことが20日、分かった。所属事務所の発表によると、仕事から帰宅後の同日午前2時頃、頭痛を訴えて救急車で搬送。手術の必要はなく、約1週間の入院と診断された。会話などに支障はないが、大事を取って1カ月程度の休養を発表。TBS系「サンデージャポン」(日曜前9・54)など10本のレギュラー番組は当面欠席する。

 相方・太田光(55)の自由奔放なボケを的確なツッコミで爆笑に変える田中。今月10日に56歳の誕生日を迎え、今年も活躍が期待される中、突然の病に倒れた。

 所属事務所によると、田中は19日午後7時から約2時間、同日放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」(火曜深夜1・0)の収録に通常通り参加。帰宅後の翌20日午前2時頃に頭痛を訴え、救急車で都内の病院に搬送された。その際、妻のタレント、山口もえ(43)が救急車を呼び、田中の所属事務所に報告した。

 今回は幸い大事には至らず、約1週間の入院と診断され、投薬治療を開始。所属事務所は公式サイトで「手術等の必要性もなく、田中裕二本人も変わりありません」などと報告した上で「動脈解離が前大脳であるために大事を取って1カ月程度休養させて頂くことと致します」と説明した。

 そのため、サンジャポなどレギュラー10本の生放送や収録は当面欠席。今週はテレビ朝日系「爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!」(日曜後9・55)の収録などが予定されていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ