松村北斗の裏の顔は「ラジオを聴いて相づちを打つ」

 人気グループ、SixTONESの松村北斗(25)と女優、森七菜(19)のダブル主演映画「ライアー×ライアー」(耶雲哉治監督、2月19日公開)の完成報告イベントが20日、東京・有楽町朝日ホールで無観客で行われた。

 漫画家、金田一蓮十郎氏の同名漫画が原作で、親同士の再婚で義理の姉弟になった大学生の男女(松村と森)の予測不能な恋愛物語。二面性を持つ主人公の2人にちなみ、明るく能弁な松村は自らの裏の顔について「人見知りだし、家でラジオを聴いて相づちを打ちながら1、2時間過ごせる。友達からは結構、のけ者になる。人として足りない」と打ち明け、苦笑した。

 一方、森は「表も裏もいつも、スマイルを心がけています。でも、撮影シーンによってはめちゃめちゃ無口になっちゃう」と告白。これに対し、耶雲監督がすかさず「確かに誰も寄せ付けないオーラを出すときもあったけど、それはちゃんと(演技を)考えているときだった」と助け舟を出すと、「今の耶雲さんの言葉、あすの新聞の1面でお願いします!」と笑顔でアピールした。

 森は今月15日、所属事務所の移籍契約の話が進んでいることが発覚。それ以来初の公の場になったが、その点には触れなかった。この日のイベントには共演の小関裕太(25)、堀田真由(22)、七五三掛龍也(25)も同席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ