「BEASTARS」×「ワンナイト人狼」コラボゲーム好評

 フジテレビ「+Ultra」(水曜深夜0・55)とNetflixで放送、配信中のアニメ「BEASTARS」が、国内外で人気の商品「ワンナイト人狼」とコラボしたカードゲーム「ビースターズ×ワンナイト人狼~チェリートン学園にひそむ犯人を捜せ!~」が、第2期の放送後に好調な売れ行きを示している。

 第2期では“食殺事件”の真相に迫るダークな世界観、危険な食殺犯にぶつかり合うレゴシらの姿がパワーアップしたCGで描かれ、ピナら新キャラクターも登場している。

 そんな作品の世界観そのままに、チェリートン学園で起こった“食殺事件”の犯人を捜し出すゲーム。プレイヤーは、学園サイドに属するレゴシやルイといったキャラクターになりきり、食殺犯サイドに属する事件の犯人を捜し出す。

 自身の正体を隠し、欺きながら相手の正体を探るという人狼ゲームの基本ルールはそのままに、1ターン(ワンナイト)で決着の手軽に繰り返し遊べるゲームである。

 プレー人数、時間は3~8人で約10分。価格は2000円(税抜き)。Amazonほか、全国のボードゲームSHOPで発売されている。

 アニメはNetflixで毎週木曜見放題配信中(日本先行)。BSフジでも毎週水曜深夜0時から放送されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ