柏木由紀、キングレコードに移籍 7年5カ月ぶりCDシングルを3月3日に発売

 AKB48の柏木由紀(29)が19日、東京都内で会見。ソロ歌手としての所属レーベルをキングレコードに移籍し、3月3日に新曲「CAN YOU WALK WITH ME??)」を発売することを発表した。

 2013年にソロデビューし、CDシングルでの新曲は7年5カ月ぶり。今回はAKBグループ総合プロデューサー、秋元康氏(62)のもとを初めて離れ、アイドルグループ、BiSHや豆柴の大群のプロデューサー、渡辺淳之介氏(36)が手掛ける。

 7月に30歳を迎える柏木は「節目の年にソロの作品を届けることができるのはうれしい。新たな柏木由紀を引き出してもらった」と感慨深げ。

 30歳までAKBに在籍すると公言しているが、「アイドルとしてやり続けることが目標。30歳が見えている中で柏木由紀を応援しているファンが誇れる人になりたい」とレジェンドアイドルのプライドをのぞかせた。

 途中、豆柴の大群のアドバイザーを務める安田大サーカスのクロちゃん(44)が“乱入”し、柏木は「呼んでない! クロちゃんプロデューサーだけは絶対、やめてください!」と悲鳴をあげて後ずさり。クロちゃんは「今はアイドルの化石ですよね?」「ゆきりんは全然タイプじゃないから!」と挑発し、“舌戦”で笑いを誘った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ