’23大河は松本潤主演『どうする家康』 “花男リレー”で座長引継ぎ

 2023年放送のNHK大河ドラマが江戸幕府を築いた武将、徳川家康を主人公にした「どうする家康」に決まり、嵐の松本潤(37)が初主演することが19日、同局から発表された。昨年末のグループ活動休止後“初仕事”で、メンバーきっての知将は「こんなに大きな挑戦はありません」と感激。脚本は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズで知られる古沢良太氏(47)が大河初挑戦し、松本と初タッグで盛り上げる。

 国民的グループのライブ演出を手掛ける頭脳派が、約260年続く江戸幕府を築いた策略家の家康役で大河デビューする。

 62作目の「どうする家康」は織田信長、武田信玄らが群雄割拠する乱世に飛び込み、「どうする?」と何度も決断に迫られた家康を現代に通ずるリーダー像として描く。

 ジャニーズの大河主演は2014年「軍師官兵衛」のV6・岡田准一(40)以来9年ぶり。1993年「琉球の風」の東山紀之(54)、2005年「義経」の滝沢秀明副社長(38)らに続く5人目となる。

 放送中の「麒麟がくる」ではジャニーズの俳優、風間俊介(37)が家康を好演。松本はTBS系「花より男子」シリーズで共演した俳優、小栗旬(38)と親交が深く、22年放送の大河「鎌倉殿の13人」に主演する小栗から“花男リレー”で座長を引き継ぐ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ