岩田剛典、新田真剣佑と幼馴染を演じて「人懐っこい弟」

 三代目J SOUL BROTHERSの岩田剛典(31)が19日、東京・神田明神で行われた主演映画「名も無き世界のエンドロール」(佐藤祐市監督、29日公開)の大ヒット祈願イベントに出席した。

 同名小説を原作に、幼馴染の男性2人が表と裏それぞれの社会でのし上がり、10年をかけて住む世界が違う女性へのプロポーズを計画する物語。

 岩田はその場で筆で作品への思いをしたため、「絆」の文字を披露した。新田真剣佑(24)と幼馴染を演じたが「頼もしかったし、やりやすかった。まっけんは人懐っこい弟に思えてご縁だなって。絆を作品で生めたのはうれしかったですね」と笑顔。新田も「テレビで見ていた王子様のままでした。お兄ちゃんのような存在になった」と明かした。

 山田杏奈(20)、中村アン(33)も出席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ