“即戦力芸人”川島明、4月からTBSの朝の顔に 安定したトーク力など同業からも評価

 お笑いコンビ麒麟の川島明(41)が、4月からTBSの朝の顔になるという。

 「現在、立川志らくさんがMCを務めている「グッとラック!」の後番組で川島さんがMCを務めることが決まったそうです。川島さんはまずなんといっても声がいい。穏やかな性格で、MCもひな壇もでき“即戦力芸人”と呼ばれるほどの起用な人です。2人の子供の父親でもあり安心感もあります」(テレビ制作スタッフ)

 川島というと、99年に田村裕とコンビを結成、01年には第1回「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)で決勝進出、その後も何度も決勝進出を果たしている実力派。大喜利の本を出すほど、大喜利力はピカイチで、多趣味で競馬にも詳しい。

 「安定したトーク力には、テレビ局のプロデューサーらも絶大な信頼を寄せていますが、同業からの評価も高く、かつてバカリズムも「すべてのジャンルのレベルが高く、もっと早く売れるべきだった」と評していました」(前出・テレビ制作スタッフ)

 新番組は主婦層や若い女性をターゲットにするという。 (zakzak編集部)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ