『ポーの一族』明日海りお「新しい環境の中でどう変わっていくか」チャレンジの舞台

 元宝塚歌劇団花組トップスター、明日海(あすみ)りおの退団後初の舞台公演、ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』(脚本・演出、小池修一郎)が、大阪・梅田芸術劇場メインホールで開かれている。「新しい環境の中で自分がどう変わっていくのか…。チャレンジだと思っています」。宝塚の華麗な世界とは違う男女キャストによるリアルな世界に踏み出した明日海りお。魅力あふれる舞台が人気を集めている。(田所龍一)

 『ポーの一族』は昭和47年「別冊少女コミック」で発表された萩尾望都(もと)さんの代表的な名作。永遠の時を生きるバンパネラの悲しい物語だ。

 一族を守るためにバンパネラにさせられた主人公エドガーと妹メリーベル。新しい血を求めポーツネル男爵夫妻とともに長い時の旅に出る。ある港町でエドガーは町一番の名家、トワイライト家の御曹司アランに出会う。不思議な力で引き付けられる2人。そして事件が…。

 平成30年に宝塚歌劇団花組で初演され、明日海演じるエドガーは、ブルーの瞳が輝き、まさに本の中から飛び出した妖精のような美しさで彼女の当たり役となった。3年ぶりの公演実現には「もう一度、明日海のエドガーが見たい」という萩尾さんの熱い思いもあった。

 男優たちに交じって明日海はどんな演技を見せてくれるのか。宝塚では柚香光(ゆずか・れい)=現花組トップ=が演じた相手役のアランをミュージカル初挑戦の千葉雄大がどう表現するのか、注目されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ