長島令玖、自分の演技も分析する理系男子

【ギュウっと特上男子】

 端正な顔立ちに、物事を深く考察する繊細な雰囲気。吸い込まれるような瞳を持つ長島令玖(16)は、次世代を担う俳優の“金の卵”だ。

 「機械など分解して構造を確認しないと気が済まない」という理系男子で「科学者」になるのが夢だったが、中学3年の2019年11月に人生が一変。路上でスカウトされ、「今までの違った自分を表せる、自分自身を変えられると思いました」と役者を志した。

 芸歴1年目で、藤原竜也(38)主演のフジテレビ系連ドラ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(火曜後9・0)で待望の俳優デビューが決定。凜々しい風貌に似合う野球部のエース役で、「台本を読んでも深く考えてしまい、臨機応変さが足りない」と試行錯誤中だ。

 目標は「どんな役もこなせる方」という佐藤健(31)。憧れの俳優に一歩でも近づけるように、日々の人間観察で自分の演技を模索している。  (一色伸裕)

■長島 令玖(ながしま・れいく)

 2004(平成16)年7月27日生まれ、16歳。東京都出身。2019年に女優、桐谷美玲(31)らが所属する芸能事務所、スウィートパワーの男性部門・スパイスパワーに所属。趣味はロボット作りで、ロシア語を勉強中。特技は水泳、トランペット、DIY。175センチ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ