“太マッチョ”長瀬智也、役作りのため3カ月で12~13キロ増量「毎日ヘビメタを聴くとああいう体に」

 TOKIOの長瀬智也(42)が18日、東京・神田明神ホールで行われたTBS系主演ドラマ「俺の家の話」(22日スタート、金曜後10・0)の記者会見に出席した。

 3月末でグループを脱退、ジャニーズ事務所を退所すると昨年7月に発表して以来初の公の場。退所後は裏方に転身するため俳優として最後の作品になる可能性が高いだけに、自身が演じる父親の介護のために現役を引退するプロレスラー役について「ちょっと自分と重なる部分があったりした」と思いを重ねた。

 また、役作りのために約3カ月で12~13キロ増量する肉体改造に挑んだことを告白。「毎日ヘビメタを聴くとああいう体になります。闘争心を湧き出さないといけない」と笑わせ、ドラマについて「テレビの連続ドラマのキャパを超えていると思う」と自信をみせた。

 ほかに脚本を務めた宮藤官九郎(50)、共演の戸田恵梨香(32)、永山絢斗(31)らが出席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ