ジャニーズJr.22歳で卒業 “定年制”23年3月31日から適用「多様な未来を確保・尊重するため」

 ジャニーズ事務所は16日、デビュー前のタレントを指すJr.の制度を一部改定し、“定年制”を設けると発表した。満22歳到達後、最初に迎える3月31日までに合意に至らない場合は活動終了。同事務所は「Jr.達の多様な未来を確保・尊重するため」と理由を説明し、2023年3月31日から適用する。適用開始日に22歳以上のメンバーが所属する、なにわ男子などのグループや一部個人は既に活動継続で合意している。

 嵐が昨年大みそかに活動休止し、今年4月からTOKIOが“独立”するなど変革期にあるジャニーズ事務所が、若手育成法にメスを入れた。

 同事務所公式サイトによると、Jr.が満22歳到達後、最初に迎える3月31日までに両者が合意に至らない場合はタレント活動を終了。2023年3月31日から適用される。

 制度改定の理由については「Jr.達の多様な未来を確保・尊重するため」と説明。現在は在籍年数や年齢上限がないため、人生の岐路にあたる20歳前後に適切な進路を決定し難く、東西のJr.で約200人が在籍する“飽和状態”となっている。

 13年には40歳になった佐野瑞樹(47)が“40代のJr.”として話題に(18年末に退所)。現在のJr.最高齢は元宇宙Six・江田剛らの33歳で、Travis Japanは23年3月末にメンバー7人全員が22歳以上になるなど高齢化が進む。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ