朝ドラ「おちょやん」第6週振り返りと第7週あらすじ 撮影所で一平と百合子と再会する千代

 喜劇俳優で劇作家でもある2代目渋谷天外さんの妻で、松竹新喜劇の女優だった浪花千栄子さんの半生をモデルに、大正から戦後の激動の時代に女優の道をいちずに歩んだ女性の姿をフィクションとして描くNHK連続テレビ小説「おちょやん」(月~金 BSプレミアム・午前7時30分~、NHK総合・午前8時~)。主人公の竹井千代役を女優の杉咲花が演じる同作の第7週(18~22日)のあらすじを紹介する。

 第6週「楽しい冒険つづけよう!」(26~30話)では、演劇の世界に飛び込んだ千代の奮闘ぶりが描かれた。

 女優を目指し、「山村千鳥一座」に入った千代は、座長の山村千鳥(若村麻由美)から、いつか芝居の稽古をしてもらえると信じ、彼女の世話係をひたむきに続けた。千鳥の課す理不尽な要求にも次第に上手く立ち回れるようになっていくが、その一方で、一座の客入りは日に日に減っていった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ