大河「麒麟がくる」これまでの流れと17日・41話あらすじ 秀吉の調略について問いただす光秀

 俳優の長谷川博己を主演に、戦国武将、明智光秀を新たな視点で描くNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜 BSプレミアム・午後6時~、NHK総合・午後8時~など)。従来とはまったく異なる新しい解釈で戦国時代の英雄たちを描き、大河ドラマとしては初めて光秀(長谷川)を主役とし、美濃から羽ばたいていく光秀の謎めいた前半生に光を当てていく同作の第41話が17日、放送される。

 第40話(10日)で、大坂本願寺攻めの最前線から、突如、織田軍の松永久秀(吉田鋼太郎)が逃亡をはかり、織田信長(染谷将太)方に衝撃が走った。

 旅芸人一座の女座長で、武将たちの間に幅広い人脈を持つ伊呂波太夫(尾野真千子)の導きで久秀と面会した光秀は、そこで「なぜいま離反するのか?」と詰め寄った。久秀は、敵対する筒井順慶(駿河太郎)に大和の守護の座を与えるという、家筋を重んじる信長の態度が許せないといい、自分に「大和を任せる」という本願寺側につくと明言した。そうなれば自分とも対立することになると告げる光秀に、久秀は「それも承知のうえ」と強調。そして、自身が大事にする名茶器“平蜘蛛”を光秀に託した。平蜘蛛は信長も欲しがっているという茶釜で、松永は意地でも信長には渡したくないと言い切った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ