なんと光秀の直系子孫、63歳クリス・ペプラーに愛娘誕生 検証番組で専門家も太鼓判の血統 子孫誕生で逆風の大河「麒麟がくる」に追い風

 俳優、長谷川博己(43)主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』がいよいよ来月に最終回を控え、佳境を迎えている。そんな中、一見何の関係もなさそうなあのタレントの私生活が芸能界や同ドラマのファンの間でにわかに注目されているという。

 長谷川演じる戦国武将、明智光秀の生涯を描いた同ドラマは、帰蝶役にキャスティングされていた沢尻エリカ(34)が薬物事件で降板したり、コロナ禍で約3カ月間にわたり撮影が休止し2カ月間も放送休止になったりと、逆風を受けて越年。ついに2月7日に全44回の放送を完遂しようとしている。

 「折からのテレビ離れに加えて、6月から8月にかけて長期間の放送休止といった紆余(うよ)曲折がありながら、平均視聴率2桁台をキープしているのは立派です。大河ドラマといえども近年は視聴率で苦戦する作品も多い中で、大健闘といってもいいでしょう」とテレビ誌編集者。

 実際、主演の長谷川の役者としての評価も今作を経て業界内でさらに上がっているようだ。

 一方で意外な注目のされ方をしているのがタレントのクリス・ペプラー(63)なのだ。

 米国人の父と日本人の母を持つクリスは、2006年に結婚した妻でタレントの君嶋ゆかり(41)との間に昨夏、娘が誕生したことを、昨年12月25日に自身のツイッターで発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ