改革迫られる東京国際映画祭、コンペ充実がカギ 安藤チェアマンに聞く

 昨秋、コンペティションなどは中止に追い込まれたがコロナ禍でもリアル開催された東京国際映画祭(TIFF)。ただ世界の国際映画祭の中で存在感が薄いといった批判を受けてきた。コロナ禍への対応だけでなく、映画祭そのものの改革も突き付けられている。同映画祭のチェアマン、安藤裕康氏に今後の展望を聞いた。(聞き手 水沼啓子)

■低い存在感「おかしい」

 --昨年、コロナ禍でもリアル開催されたが

 「昨年は、映画祭の大きな柱として日本映画界の応援ということがあり、映画界と一体となり映画祭を開催できたことが収穫だった。

 TIFFは国際映画製作者連盟公認(FIAPF)の映画祭なので、コンペの審査員は3分の2が外国人であることといった規約に従わないといけない。コロナ禍で外国人の来日が困難になり、コンペは中止せざるを得なかった。

 その代わり、お客さまに見た映画の中からベストの作品を投票していただき、最も多くの支持を集めた作品に観客賞を与える形にした。昨年の映画祭の主役は、観客という考えを象徴した賞にもなった」

 --コロナ禍は続いているが、今年の開催は?

 「開催するという前提で、準備は粛々と進めている。企業から協賛金を集めるのが、いまいちばん頭が痛い問題。実は昨年、コロナ禍で企業の多くがスポンサーを降りてしまった。一昨年は協賛金が約2億5千万円あったが、昨年は5千万円ほどに激減した。例年なら映画祭全体で約9億円の予算があったのが、昨年はおよそ7億円で前年より2億円も減ってしまった」

 --TIFFはほかの国際映画祭に比べ、かすんでみえるが

 「黒澤明監督ら三大巨匠や是枝裕和監督といった海外でも大変評価されている監督がたくさんいる。一方、日本にはたくさんの映画館があり、洋画に邦画といろいろな作品を上映している。日本の映画業界も米国やフランスなどと比べても遜色ない。

 日本映画は本当に世界に負けないレベルなのに、TIFFの存在感が低いのはどう見てもおかしい。日本映画にふさわしい映画祭にならないといけない。チェアマンとして何とか盛り返していきたいと思っている」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ