朝ドラ「おちょやん」15日・第30話あらすじ ついに憧れの鶴亀撮影所に足を踏み入れた千代

 喜劇俳優で劇作家でもある2代目渋谷天外さんの妻で、松竹新喜劇の女優だった浪花千栄子さんの半生をモデルに、大正から戦後の激動の時代に女優の道をいちずに歩んだ竹井千代(杉咲花)の姿をフィクションとして描くNHK連続テレビ小説「おちょやん」(NHK総合など)の第30話が15日、放送される。

 現在、第6週「楽しい冒険つづけよう!」(26~30話)が放送されている同作。客の不入りが続く「山村千鳥一座」が、その打開策として、子供たちに人気の芝居「正チャンの冒険」を公演することが決まったが、主役の正チャンを務めるはずだった座員、薮内清子(映美くらら)が足を負傷してしまうというアクシデントが発生し、すべてのセリフが頭に入っている千代が正チャン役に抜擢(ばってき)された。

 しかし、千代は基本の腹式発声ができておらず、芝居にならないという事態に直面。このピンチを座長の山村千鳥(若村麻由美)が救った。薙刀(なぎなた)を使った独特な指導法で千代に腹式発声の基礎を叩き込んだ千鳥。初舞台で初主演という大役を任された千代に朝まで熱血指導を行った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ