綿引勝彦さん死去 妻・樫山文枝「この一年はふたりで寄り添えたのが幸せでした」

 TBS系ドラマ「天までとどけ」シリーズなどで知られる実力派俳優、綿引勝彦(わたびき・かつひこ)さんが昨年12月30日午後0時54分、膵臓(すいぞう)がんのため亡くなっていたことが13日、分かった。75歳だった。所属事務所によると、3年にわたり闘病しており、葬儀は親族のみで執り行われた。喪主を務めた妻で女優、樫山文枝(79)は文書でコメントし、「この一年はふたりで寄り添えたのが幸せでした」と悲しみをこらえた。

 コワモテだけど優しくて頼りがいのある一家の大黒柱-。1990年代のパパ、ママたちを勇気づけた大家族ドラマ「天までとどけ」シリーズで等身大の父親像を演じた綿引さんが、人知れず昨年末に旅立っていた。

 綿引さんは2018年8月に膵臓(すいぞう)内の嚢(のう)胞除去手術を受けた際、進行性のがん細胞が発見された。19年12月に肺に転移し、昨年2月に本格的な化学療法を開始していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ