聖飢魔II“世紀の和解”の舞台裏 専門誌で「35年前、デビュー大教典に0点を付けるという無礼」

 「メタルブームが去りファンも高年齢化。年を重ねてメタルから離れた読者、嫁子供の手前、家庭にメタル雑誌は家に持ち込めないという元愛読者も多くいます。柔軟性を持ってファンを持つアーティストを誌面に登場させないと存続は難しい。そんな中で、聖飢魔IIとの和解につながったようです」と音楽ライターは舞台裏を明かす。

 そんな聖飢魔IIだが話題には事欠かない。2020年には、聖飢魔IIの創設者であるダミアン浜田殿下が還暦目前でデビューした。『蝋人形の館』を作ったものの、メジャーデビュー前に故郷に戻って高校教師になった浜田は、周年イベントではステージに立っていたが、早期退職して、Damian Hamada’S Creaturesを始動したのだ。

 悪魔は結構、働き者なのだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ