「とくダネ!」終了にネット民から「小倉さん好きだったなぁ」「寂しい」「一つの時代が終わった」と惜しむ声

 キャスターの小倉智昭(73)、フジテレビの立本信吾アナ(34)、山崎夕貴アナ(33)の3人がMCを務めるフジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月~金曜前8・0)が、3月26日をもって放送終了することが13日、同番組内で発表された。歯に衣着せぬコメントで世相を斬ってきた小倉は、同日の生放送で「とくダネが足かけ22年、3月いっぱいで終了することになりました。本当に皆さんには長い間ご覧いただいた」などとコメント。ネット民は「小倉さん好きだったなぁ」「寂しいなぁ。でもまだまだですよ!」「一つの時代が終わった」などと、さまざまな思いを寄せている。

 1999年4月1日の放送開始以来、フジテレビの朝を彩ってきた「とくダネ!」が22年間の歴史に幕を下ろすことが発表された。放送開始当初から小倉が司会を務め、2016年7月には「同一司会者による全国ネットのニュース情報番組」での放送回数最多記録を更新。今月12日現在の放送回数は5593回を数え、今も更新し続けている。

 同番組は、小倉が独自の視点で社会情勢やスポーツ、芸能など幅広いジャンルの真相に迫り、自らも現場を取材。00年のシドニー大会からオリンピックの取材を始め、北京大会以降は夏季、冬季ともに全ての会場へ足を運び、生中継で熱狂を伝えてきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ