さんま、自身初プロデュースのアニメ映画に“鬼滅声優”の花江へオファー。「声をかけたら快く承諾していただいた」

 劇場版映画が大ヒット記録中のアニメ「鬼滅の刃」主人公・竈門炭治郎役の声優、花江夏樹(29)が、タレント、明石家さんま(65)が初プロデュースする劇場アニメ映画「漁港の肉子ちゃん」で声優を務めることが2日、分かった。

 花江は、この日放送されたフジテレビ系のスペシャル番組「新春大売り出し!さんまのまんま」に我妻善逸役の下野紘(40)とともに出演。番組後半にさんまが「漁港の-」の話を切り出し、発表された。

 同作は、第152回直木賞を受賞し、累計発行部数35万部超のベストセラーとなった西加奈子さん(43)の同名小説が原作。さんまは「唯一男の重要な役で、声をかけたら快く承諾していただいた」と説明すると、花江は「作品がすてき。絵の雰囲気がノスタルジックでいい」と出演理由を明かした。

 また、この日は映画のポスタービジュアルも解禁された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ