嵐がラスト紅白「嵐が去った後に虹のかかった美しい空が」

 「第71回NHK紅白歌合戦」が31日午後7時半から東京・渋谷のNHKホールで始まった。

 2020年で活動を休止する人気グループ、嵐は12年連続12回目の出場。紅白を支え続け、休止前の最後の日を迎えた5人はこの日午後8時から、無観客生配信の単独ライブを行っており、中継で出演。

 水色のジャケットとパンツに身を包んだ5人は「カイト」「君のうた」「Happiness」のスペシャルメドレーを披露。

 カイトの間奏では5人からメッセージが。

 櫻井翔「小さなカイト、いま時代の風が容赦なく吹き付けているかのようです。昨年1月にあと2年だけと発表し、夢を掲げて懸命に走り続けた僕たちも戸惑いと絶望に襲われました」

 大野智「大事な人を突然失って、ぼう然としたメンバーもいた。そんな僕らのそばで消えずにいてくれたものがありました。たくさんの熱い声援と希望を語り続ける歌でした。嵐という奇跡のような場所です」

 相葉雅紀「おかげで僕たちはもっともっと深い悲しみに苦しんでいる人たちに思いを寄せるほうへと舵を切ることができました」

 二宮和也「叶わなかった夢も嵐の21年の歴史の一部です。そこにはこの時間で学んだ知恵や勇気、慰めや思い出が全てしっかり記しておこおうと思います」

 松本潤「あと2時間あまりで年が明けて、僕たちの嵐が一旦止みます。嵐が去った後に虹のかかった美しい空が、どうか皆さんの前に広がりますよう。明けない夜はないと信じて」

 間奏を終えた後のサビ部分では、視聴者から募集した歌唱動画が流され“大合唱”。

 続く2曲も全力でパフォーマンスした5人。最後は満面の笑みを浮かべながら手を振り、代表して櫻井が「内村さん、紅白スタッフの皆さん本当にお世話になりました!」と述べ、頭を下げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ