「恋つづ」ディレクターズカット版を12・29一挙放送 オンエア中に悲鳴も?「TVの前から離れられない」

 TBSが29日、今年1月期の連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」のディレクターズカット版を、午前7時30分から午後6時30分までの編成で、全話を一挙に放送している。ツイッターではこの日、朝から「#恋つづ」「天堂先生」といったワードがトレンド入りし、ファンを沸かせている。

 同作は、漫画誌「プチコミック」(小学館)で掲載されていた円城寺マキ氏による同名漫画が原作で、女優の上白石萌音が演じる看護師の佐倉七瀬と、俳優の佐藤健が演じる超ドSなドクター・天堂浬の恋模様を描いたドラマ。2人の胸キュンラブストーリーは視聴者を夢中にさせ、放送当時には毎週、SNSで大きな反響を呼んでいた。

 28日には、番組公式ツイッターが更新され「みなさん!朗報です!七瀬と天堂先生にまた会えちゃいます」と、翌日となる29日午前7時30分から一挙放送することを告知。「何度でも!何回でも!!飽きるまで堪能しましょう ぜひ、ご覧ください~」と呼びかけた。

 29日のオンエア中には、視聴者が実況するかのようにツイートを投稿し「久々の天堂先生 きゅんきゅんしちゃう」「この緊急オペのシーンの天堂先生、好きだなぁ」「これから天堂先生のデレデレシーンが始まると思うと、じっとしてられない!!!!」「天堂先生の寝顔」などの書き込みが殺到。「恋つづ懐かしすぎる~」「うわー恋つづ再放送やってるやーん!!!」と再放送を喜ぶ声も散見された。

 一方で「朝から天堂先生やばい 仕事行く気なくやるわぁ~」「恋つづの再放送見始めたので夜までテレビ前から動けない」「この年末の忙しい時に #恋つづ 一挙再放送??大掃除しながら見るよ!」「いつトイレに行こうか。タイミングの問題」などの“悲鳴”も。およそ半日にわたる一挙放送に「展開気になりすぎて動かれへんw」「TVの前から離れられない」といった悩みも出ているようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ