追悼2020 志村けんさん、三浦春馬さん、竹内結子さん、筒美京平さん…芸能人の訃報を振り返って

 2020年は、人気芸能人の訃報が相次いだ一年でもあった。年の終わりに、強く印象に残った訃報を振り返る。

 5月23日、フジテレビ系のリアリティー番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さんが22歳の若さで死去。亡くなった当日、番組内での振る舞いに対するネット上での中傷に傷ついたという主旨の書き込みを残しており、総務省がネットでの中傷対策に乗り出す契機になるなど、その死が社会に大きな影響を及ぼした。12月に入って、木村さんを誹謗中傷していたとして、侮辱容疑で大阪府の20代男性が書類送検されたことも記憶に新しい。

 7月18日には、俳優の三浦春馬さんが30歳で死去。TBS系の主演ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」の撮影期間中で、公開を控えた初主演映画「天外者(てんがらもん)」もあるなど、人気絶頂の中での突然の死に、ファンのみならず日本中が驚き、困惑した。そして、9月14日には女優の芦名星さん(享年36)、27日は女優の竹内結子(同40)さんが相次いで死去。3人とも自ら命を絶ったと見られている。公私ともに充実した生活を送っていると思われた彼らに、一体何があったのか。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う春からの自粛疲れで落ち込んでいた気分に追い打ちをかけるように、悲しい知らせが続いた。

 8月10日には、15年に急性心筋梗塞で入院して以降、闘病生活を続けていた俳優の渡哲也さんが78歳で死去。石原裕次郎さん亡き後の石原プロを牽引し続けた大物の死に、「大都会」や「西部警察」など同プロの刑事ドラマシリーズで渡さんの主演作品に親しんだ往年のファンから惜別の声が殺到した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ