「鬼滅の刃」の人気声優が“さんまのまんま”に初登場 「全集中で頑張ります」

 大ヒットアニメ「鬼滅の刃」の人気声優、花江夏樹と下野紘が来年1月2日放送のスペシャル番組「新春大売り出し!さんまのまんま」(後3・45、カンテレ・フジテレビ系)に初出演する。

 明石家さんまも大ファンという“鬼滅”。主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)役の花江は事前に「全集中で頑張ります」、我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)役の下野も「“トークの鬼”に負けないように僕も自分なりの霹靂一千(へきれきいっせん)を撃てるように、トークの一撃をちゃんとかませるように頑張りたい」と話し、“お笑い怪獣”さんまとのトークバトルに臨んだ。

 登場からユニークだった。声優らしくチャイムではなく「ピンポーン」と自分たちで声を上げて入ってきた。その時点でさんまは大喜びだ。2人とも初出演について「事務所に聞き返した(笑)。生きているうちに(さんまさんに)お会いできるとは思わなかった」と驚いたという。また、収録前に決まったばかりだというさんまからの衝撃的なサプライズもある。

 そこへ大の鬼滅ファンというお笑い芸人、椿鬼奴が合流。2人を見るなり「あー、 やばい」と号泣。ある番組での過酷なロケの際に「『水の呼吸』を使わせてもらって水に飛び込めた」「怖くてしょうがないときは『私、長女だから頑張れる』の言葉でいけた」など“鬼滅”の名言で乗り越えたエピソードを披露した。

 収録後、2人はさんまの印象をそれぞれ「CGみたい」(花江)、「さんまさんというキャラクターみたいな感じ。アトラクションに来て始まっているみたいな感覚」(下野)と初対面でも実感がわかない様子だった。

 番組で珍しく素顔を見せた2人だが、普段の生活について「実際は炭治郎のようにあんなに頑張れない」(花江)、「キャラクターのある部分だけだったら持っているとは思うけど、あんなには戦えない」(下野)と互いに顔を見合わせて笑った。

 最後にさんまへのメッセージを聞かれると、2人は声をそろえて「“あのお話”はよろしくお願いします。お待ちしております」と何やら意味深長な発言。“あの話”とは一体!? その答えは放送で明かされる。

 ほかにKinKi Kids、北川景子と中村倫也、バドミントン世界ランキング1位の桃田賢斗選手、藤原竜也、広瀬アリスが出演する。今田耕司がオススメの若手芸人を紹介する毎年恒例のコーナーも用意されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ